iPhone用カレンダーアプリ「GLANCA」をApp Storeで公開中!

Studio Atem(スタジオアテム)

クラウドのオンラインストレージサービスの落とし穴

更新日:

freee007

オンラインストレージサービスで有名なところではdropboxではないかと思いますが、

私はbitcasaというサービスを使っていました。

Bitcasa Infinite Drive | クラウドの外部ハードドライブ | 容量無制限ストレージ

初期の頃は容量が無制限で使用できていたので、当時は最強のオンラインストレージサービスでした。

現在は有料にはなりましたが、それなりの容量を使用することができるので今でもおすすめです。

 

当時、容量無制限ということもあり、容量を気にすることなくハードディスクのデータをアップロードしてバックアップしていました。

おそらく数百ギガはバックアップしていたと思います。

オンラインストレージにデータをバックアップするなら普通のことだと思いますが、ここにひとつ落とし穴がありました。

 

オンラインストレージサービス側には容量の余裕があり、特に問題はありません。

オンラインストレージとミラーリングするサービスでなければ、ローカルに同じ空き容量がなくても問題はありません。

問題は、プロバイダでした。

実はプロバイダには転送量の制限があるのです。

これはスマートフォンに限らず、PCのプロバイダにも同様の転送量制限があります。

私が入っていたプロバイダにはアップロード容量に30ギガ/月までの転送量制限がありました。

オンラインストレージの容量には問題がなかったのですが、プロバイダの転送量制限に引っかかり警告が来てしまったのです。

ガンガンアップロードしていたら余裕でオーバーしてしまいました。

 

皆さんは自分のプロバイダの制限されるデータ量を知ってますでしょうか?

もし、オンラインストレージを使ってバックアップしている人は、自分のプロバイダの転送量制限をチェックしておいた方がいいかもしれません。

こちらのサイトで確認ができます。

FrontPage - ISP規制情報Wiki

スマートフォンで撮った写真を自動でバックアップする設定にしている人も要注意です。

最近のスマートフォンで撮影できる写真や動画は大きいので意外とデータ量は大きいです。

特に最高のクオリティで動画を撮っている場合は要注意です。

動画ひとつ数百MBというのは普通にあります。

できる限り転送制限の緩いプロバイダを選ぶべきなのかもしれません。

 

それにしても、使える容量も大きくなり、扱うデータ量も大きくなってきているのに、転送量で制限されるというのはもったいないですね。

 

follow us in feedly
follow us in feedly
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-情報
-,

Copyright© Studio Atem(スタジオアテム) , 2018 AllRights Reserved.